Content of Competition

◆参加資格

1.全ての選手は大会組織委員会の管理条例を厳格に順守しなければなりません。
2.全ての国と地域のダンサーはどなたでも参加できます。

◆コンクール年代別組分け

対象:バレエ/中国舞踊/コンテンポラリーダンス・リリカルダンス/世界の民族舞踊/社交ダンス インターナショナルスタイル/リズムダンス/国際サルサダンス
プレジュニア(A) 2012年 9月 30日 -2014年 9月 29日生まれ (年齢:6-7歳)
プレジュニア(B) 2010年 9月 30日 -2012年9月 29日生まれ (年齢:8-9歳)
プレジュニア(C) 2008年 9月 30日 -2010年 9月 29日生まれ (年齢:10-11歳)
ジュニア(A) 2005年 9月 30日 -2008年 9月 29日生まれ (年齢:12-14歳)
ジュニア(B) 2002年9月30日-2005年9月29日生まれ(年齢:15-17歳)
シニア(A)1989年9月30日-2002年9月29日生まれ(年齢:18-30歳)
シニア(B)1989年9月29日生まれより前の方(年齢31歳以上、上限なし)

◆ダンス映像作品
(上記1-7の全ジャンル可)

1.オリジナルのコレオグラフィ
2.ダンスをテーマにしたオリジナルの映像作品(年齢の別なし)

◆ダンス絵画
(上記1-7の全ジャンル可)

コンテスト出品作品は、高画質で撮影の上ご提出ください。

※同じ参加者が1つのプログラムに登録するだけでなく、さまざまな優れたプログラムに登録して参加できます。
※2人編成の選手は同じ年齢の組み合わせでも、異なる年齢の組み合わせでも構いません。また、大会に不参加のパートナーと踊っても構いません。2人編成の参加者は個人参加の形式と同様で、各人個別に採点されます。
※グループ編成の選手は参加したダンス機構全体での評価を行います。ダンススポーツのグループ編成部門は、小学生、中学生、高校生、成人の4つの組に分けます。
※組織委員会により上位優勝者はガラコンサートとしてビデオを公式ウェブサイトまたはその他のプラットフォームにて映像公開いたします。

◆日程

開催期間:2020年 11月10日 -2020年 12月22日
11月8日 :申し込み終了(世界各国共通)
11月18日 :全ての参加者のリストを発表/各部門予選
12月1日 :ファイナリスト発表
12月16日:各部門決勝
12月22日: 受賞者発表
※ご注意:上記スケジュールは参加人数によって変更となる可能性があります。

◆全てのダンス演目に関する時間の規定

・ソロ選手 3分以内
・2人編成 4分以内(注意:バレエのペアは10分以内とする)
・中国舞踊、ソロ、グループダンス5分以内
※各部門とも、自由に選曲すること。
※コンテンポラリーダンスは必ず2010年以降に作られたものとする。

◆出場順序、撮影に関する規定

①参加者の出場順序は年齢の若い順となる。もしもペア編成であれば、女性の出場順序に準ずる。
②動画は劇場、又はホームビデオを使用してのリビングルームやダンススタジオ等広い場所で撮影してください。ダンスを中心に撮影し、左右の移動や、ズームイン・ズームアウトも可能です。
③2019年1月30日から2020年11月8日に撮影された動画が対象。劇場リハーサル、本番、コンクールで撮影された動画でも可能。
④全ての作品は、横向きに撮影してください。ファイルサイズは100Mを超えてはいけません。
⑤参加者はレオタード、練習用コスチューム、又は衣装を着用。メイク(ナチュラルメイク〜舞台メイク)をする必要があります。

◆音楽について

音楽の著作権問題については、参加者ご自身で解決ください。

◆評価

①コンクール組織員はダンス界で国際的に著名な方々を審査員として招聘しております。審査員は委員会の制定した各種規則を遵守します。
②審査員は予選と決勝で、それぞれ異なります。
③評価標準は100点を満点とします。
④審査委員会規則により、コンクールでは受賞者が複数人となる場合や、該当者が出ない場合があります。
⑤審査委員会の決定を最終決定とします。

◆授賞式、賞金の授与について

1.決勝の後、コンクール組織委員会はWEBサイトにて、すべての受賞者リスト(エントリーナンバー、氏名、受賞番号)を発表し、虚偽を防ぎます。
2.大会の受賞選手には、すべての審査員のサインが入った電子版の賞状を授与します。
3.コンクール組織委員会は優秀な選手に奨学金を提供し、無料で世界の大きな大会に参加、もしくは留学(例:受験料と家賃の免除、短期留学の学費の提供等)が受けられます。これらは各国の組織委員会、ダンス協会、ダンス基金、審査委員によって決められます。
組織委員会はWEBサイトにて、組織委員会が受賞者に更なる奨学金やサービスを提供することを発表する可能性がございます。現場の状況に合わせて増加を行う予定です。
4.大会には以下の賞があります。
審査員特別賞、最優秀男性選手賞、最優秀女性選手賞、各組の金賞、銀賞、銅賞、優秀賞、表現賞、最優秀クラシックバレエ賞、最優秀コンテンポラリーダンス賞、最優秀グループ賞、優秀教育機関賞、優秀教師賞、最優秀コレオグラフィ賞、ダンス映像作品賞、最優秀絵画賞、優秀都市賞。(受賞の数は組織委員会審査団がコンクールの成績によって決めます。)
5.組織委員会は受賞者に賞金と賞状を授与します。すべてのファイナリストには組織委員会より決勝参加証を授与します。選手の賞金に対する税金は、組織委員会が代理で差し引き、納税します。

《賞金》
もし複数受賞者がいた場合、賞金は受賞人数で割り山分けとなります。該当者がいない場合、賞金は空席になります。組織委員会は受賞者に更なる奨学金やサービスを提供する可能性がございます。現場の状況に合わせて増加を行う予定です。すべての解釈はIUCDCインターナショナル・ユナイテッド・クラウド・ダンス・コンクール組織委員会に帰属します。

◆大会参加費用

●バレエ/中国舞踊/コンテンポラリーダンス、リリカルダンス/世界の民族舞踊/社交ダンス インターナショナルスタイル(スタンダード、ラテンダンス)/国際サルサダンス
ソロ、ペア 参加費1名11.000日本円
グループダンス3人~5人 参加費1名8.800日本円
グループダンス6人~10人 参加費1名7.700日本円
10人以上参加費1名7.000日本円

●リズムダンス
ソロ、ペア参加費1名5.500日本円
グループ3人以上参加費1名5.000日本円

●ダンス映像作品(上記1-7の全ジャンル可)
1.オリジナルのコレオグラフィ
2.ダンスをテーマにしたオリジナル映像作品の創作
1作品につき11.000日本円

●ダンス絵画(上記1-7の全ジャンル可)
ダンス、芸術が好きな方はどなたでも参加できます!
1作品につき5.500日本円

◆コンクール組織委員会の権利について

1.組織委員会は試合に関する全ての権利を所有します。(ニュースインタビュー、録音、録画、実況中継、撮影、印刷、音・映像作品の制作および販売等)
2.組織委員会はコンクール期間中に参加選手の撮影、インタビュー、中継、録音、録画をする権利があり、それに対し、選手へは何の報酬も発生しないものとします。
3.参加者は作曲、振り付け及び演出に関わるその他すべての版権問題を自身で解決しなければなりません。版権問題について、組織委員会は一切責任を負いません。
4.コンテストの審査員には国際的な慣行があり、増加または変更される場合があります。

本コンクールは世界中の芸術界を団結させ、新型コロナウイルス(COVID-19)の発生後、共に困難を乗り越え、友情を深め合い、各国の若いダンサーたちと各国のダンス団体の発展を支援し、各国各界のアーテイストと、芸術家ではない人々と共に芸術を創作し、芸術が好きになり、芸術を習いに行く人々を増やし、芸術圏の影響力を高めてまいります。
私たちは、より多くの才能あふれるアーティストが、芸術を発展させるためのサポートを致します!